I N T E R V I E W : 音のある世界で
ピアノの響きのこと
Vol. 13  ウイーンで会った浜本さん
(ピアニスト)


ウイーンへ、ある国際会議へプレゼンテーションに行きました。
発表前夜、通訳のアルバイトに来てくれた浜本さん(ウイーン在住のピアニスト)と、英語の発音の話から、れいによって「音の話」に....。
(ニシ)

──いま、東京で英会話学校通っているんだけど、発音時に鼻のあたりの震え方の違いを実感するように、という指導を受けているんです。

浜本:それは、いい先生ですね。:-)

──以前、モンゴルに行った時ね。滞在したゲルキャンプに、ホーミーの名人がいて。世界公演で回っているような人で。その人が教えてくれたことにも、少し近いんですよね。

浜本:ホーミー?

──ダブルボイス、倍音唱法です。「うみょー」って低い唸り声を出しながら、それともうひとつ別に、高い旋律を同じノドから出す唱法。その人が言うにはね、こう小皿を鼻の前にかざしながら、「うみょー」って音出しつつ、自分の音が、鼻の奥で心地よく反響する場所を探すんですって。

浜本:ああ、なんかわかる気がします。

──気持ちいい場所が見つかったら、小皿の位置を固定して、あとは延々、気持ちがいい限りつづければ上手くなるって。で、英語の先生も、英語の発音特有の振動が快感になってくると、英語が上手になるって言うんですよ。

浜本:私はピアノに、それを感じますね。

──(飯野賢治さんもそう言っていたなと思いつつ)浜本さんは、他にどんな楽器をやるんですか?

浜本:バイオリン。

──へーっ。バイオリンの方が、響きの快感は強そうじゃないですか。共鳴している楽器を首で挟んで。中耳や顎のすごく複雑な骨から、骨導音として、全身に音が入ってくるわけですよね。

浜本:いや、そんなに気持ちよくないですよ。だって、不自然な身体の使い方だし、ねじれているし。

──音チェロとかどうだろう。姿勢いいし。あれも、弾いている本人がいちばん最初の観客みたいな、すごく気持ちよさげな楽器ですよね。

浜本:いや、いちばん快感の強い楽器は、やはり声楽じゃないかしら。自分の出す音が、口じゃなくて、頭のてっぺんから飛び出ていく時の快感は、一度味わうと、なかなか越えるものがないですよ。

──ピアノは、やはりグランドピアノじゃないとダメなんですか?

浜本:アップライトは、鍵盤と連動するキーの向きが、グランドピアノと90度違っているから、音を鳴らした後、キーが降りるまでのタイムラグが長いんです。アップライトは、全然弾き具合が違うんです。

──ピアノの響きを指先で感じながら、次に鳴らす音のイメージを探すようにして、弾いていくんですか?

浜本:うーん。そうですね。

──たとえば、「音でなく響きを捉えなさい」っていう指導を受けたりするんですか?

浜本:いや、そういう指導は特にないんです。私は、一度行き詰まってしまって、そこでいろいろと模索した時に、「響き」にたどり着いたんです。

──行き詰まった....。

浜本:指導教官に「あなたの音楽は美しくない」ってコメントされたことがあって。譜面は弾けていても、音楽が美しくない。それですごく悩んだんです。
で、音の「響き」そのものの美しさがないと、だめないんじゃないかって思うに居たって。すごく試行錯誤をしたんです。ピアノの上に手を載せて、鍵盤を少しづつ鳴らしながら、美しい響きの音を探す。

──すごいな。自分で発見したんですか。

浜本:それだけ、切羽詰まっていたんです(^_^:)。だから、ピアノを弾き始める前には、必ず音を少しづつ鳴らしていって、それを手のひらで感じて。自分の「響き」が出せた時から、曲を弾き始めるようにするんです。その響きが出るのに、すごく時間のかかる日もあるし、出せない日もあるんです。(おわり)


Naoko Hamamoto
出張先のウイーンで出会ったピアニスト。

Sound Explorer All Rights Reserved.